FC2ブログ

現在の診療体制について

5月8日より、外来診療を再開させて頂いております。

(患者さまへのご来院時のお願いに関しては、前回ブログもご参照下さい。)
「5月8日以降の診療体制について」 ←クリック

新型コロナウイルス感染症予防対策強化のため、当分の間は、診療時間や予約システムを通常とは異なる体制で行ってまいりますが(詳しくはお電話にてご確認下さい。)、診療内容に関しましてはほぼ通常通りで行っております。

当院では開院時より科学的根拠に基づいた情報発信を心がけ、診療にあたり、時には保守的に安全安心歯科医療のご提供を診療コンセプトとしてまいりましたことは、皆様にもご認知頂けているものと考えております。

今般の新型コロナウイルス感染症に対しましても、逐次情報収集と分析に努め、今年一月よりブログや院内掲示物において、幾度か情報発信や当院における対応をお知らせしてまいりました。

また、最近一部研究や報道において、口腔粘膜や唾液、歯周病などと新型コロナウイルス感染症予防との関係が取り沙汰されているようですが、当院ブログでは既に1月30日付の「歯科医師の立場から考えた新型コロナウイルス感染予防について」という記事で、関連情報の示唆を発信をさせて頂いておりますことをご記憶の方もいらっしゃるかと思います。

「歯科医師の立場から考えた新型コロナウイルス感染予防について」 ←クリック

しかしながら、、この新型コロナウイルス感染症に対するメカニズムの研究や歯科医療との関わりについては依然不明な点が多く、科学的根拠に基づいた確定的な知見が得られるのはまだ当分先のこととなりそうです。

そのような状況の中で、当院では安全安心歯科医療を確保するためには一度立ち止まって検討する必要があると判断を致し、特別診療体制の下で現在考えられる望ましい診療システムの構築を行いました。

当院では、今後も継続的に新型コロナウイルス感染症に対する情報収集と診療システムのアップデートを図ってまいる所存であります。

患者さまにおかれましては、もしご不明ご不安な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせを頂ければ幸いに存じます。