FC2ブログ

今週以降(4月20日~5月6日)の診療体制について


5月6日(水)までの緊急事態宣言発令期間中は、通常の診療受付を休止し、電話による診療相談を受け付けます。
電話受付時間は、月曜、火曜、水曜、金曜、の午前11時~午後2時です。


この期間は、診療相談と応急処置、投薬などの対応となりますが、根本的な治療が必要である患者さまには、日程調整しCOVID-19 感染症予防の準備を整えた上で治療を行わせて頂きます。

患者さまがお困りの際には緊急診療対応をさせて頂きますので、どうかご安心下さい。

ご承知の方も多いかと存じますが、既に関係学会等より歯科診療の処置内容によってはCOVID-19感染症への感染リスクが生じるかもしれないとの注意喚起がなされており、
厚生労働省からも 「(歯科診療実施に際し、)歯科医師の判断により、応急処置に留めることや、緊急性がないと考えられる治療については延期することなども考慮すること。」(令和2年 4月6日 厚生労働省医政局歯科保健課)との通達が発せられております。
現在東京都内においては、大規模病院等における医療崩壊の危機の増大が深刻でありますが、 これ以上状況を悪化させない為には、私たち一人ひとりが感染リスクとなりうる行動を自重するしかありません。

その一方で、患者さまが、突然の歯口腔の痛みや腫れ、詰め物やかぶせ物が取れてしまう等のトラブルでお困りになられてしまう場合もありうると考えられます。

当院では、COVID-19感染症の拡大を防ぐという社会的使命と、歯科疾患でお困りの患者さまに対して診療を行うという社会的使命の両立を図るべく望ましい診療体制は何かという模索を行い、5月6日までの緊急事態宣言発令期間中は、上記のような診療体制をとらせて頂く判断を致しました。

この期間においても、患者さまのご不安やお困りのことに対して、極力対応させて頂きますので、何卒ご理解の程を賜ります事を宜しくお願い申し上げます。