FC2ブログ

歯科医師の立場から考えた新型コロナウイルス感染予防について

現在世界的に新型コロナウイルスによる肺炎の流行が懸念されており、一刻も早いウイルスの性質の詳しい分析が待たれるところですが、一般的にコロナウイルスは、インフルエンザウイルスやアデノウイルスと同じく口腔、咽頭、気道などの粘膜から我々の体の中に侵入します。

インフルエンザウイルスに関しましては、以前に当ブログでも「インフルエンザ予防と口腔ケアについて~最近の研究結果から~」http://yokokaruinchou.blog134.fc2.com/blog-date-201711.htmlというタイトルの記事でインフルエンザウイルスが我々の体内に侵入するメカニズムと口腔ケアの関係性についてのご説明をさせて頂きましたが、まだまだ実態がわからない新型コロナウイルスに対しましても、いかに私たちの体内即ち粘膜に侵入させないかということが現在できる最大の予防になるのではないかと思います。

そして今回のブログでは、そのことを踏まえて歯科医師の立場からお話をさせて頂きたいと思います。

最初にもお話したように、一般的にコロナウイルスは、インフルエンザウイルスやアデノウイルスと同じく口腔、咽頭、気道などの粘膜から我々の体の中に侵入します。しかしこれらの粘膜は、通常はムチン等といった粘液性(ねばねばした)の糖タンパク質に覆われ、それがバリア機能を持って細菌やウイルスの侵入を防いでくれています。
ところが、糖タンパク質の産生能が低下したり、粘膜が乾燥してしまったりして糖タンパク質のバリア機能が落ちてしまうと、細菌やウイルスが容易に粘膜に侵入し、その後の感染へとつながってしまいます。

そして、この糖タンパク質は、口腔内では唾液に多く含まれているため、加齢や病気などで唾液の分泌が低下したり、口呼吸などで口の中が乾燥してしまうことで粘膜のバリア機能が低下してしまうのです。
更に、むしば菌や歯周病菌などの口腔内細菌には、この大切な糖タンパク質を破壊する酵素を産生してしまうものがいることもわかっています。

以上のことから、歯科医師の立場から考えた粘膜へのウイルスの侵入を防ぐ対策としては、

①、口呼吸などで口が乾かないようにマスクをしたり、水分をこまめに口に含むなどして口腔乾燥に十分に注意をし、唾液腺や口腔周囲機能を活性化させ唾液の分泌を促すよう心掛ける。

②、加齢や病気、薬剤の使用などで慢性的な口腔乾燥状態にある方は、口腔湿潤剤などを活用する。

③、適切な歯磨きやフロッシング、歯石除去などの口腔ケアにより、粘膜保護機能を高める。

以上のような事柄も是非知って頂き、感染予防の一助として頂ければと思います。