FC2ブログ

開院10周年を迎えて


「なかね歯科道灌山」は、この度開院10周年を迎える事ができました。
これまでご来院頂きました多くの患者さまをはじめ、診療所運営を支えて頂いた多くの関係者の方々に、院長並びにスタッフ一同、心より厚く御礼申し上げます。


当院では、この10年間、日々進歩する歯科医療と日々変化する社会情勢や歯科医療に対するニーズにお応えするべく、診療体制の充実に努めてまいりましたが、多くの患者さまと長い期間に渡ってお付き合いをさせて頂いた中で何よりも痛感致しましたことは、個々の患者さまおひとりおひとりが持たれる背景は複雑多岐にわたり、求められる医療や望ましい医療について、正しい答えは一つとは限らず、個々の状況によって異なるのだということです。


こういった考え方は、NBM(narrative based medicine )(物語に基づいた医療)として約20年ほど前から提唱されてきました。そしてこの考え方は、私たちのように地域で歯科医療を行わせて頂いている者にとっては非常に大切であり、常に気を配らなければならないことであると思います。
と同時に、歯科医療が歯科医学である以上、日々の診療においてもEBM(evidence based medicine)(根拠に基づいた医療)の実践を疎かにする訳にはいきません。


私たち「なかね歯科道灌山」では、このNBMとEBMのバランスを図りながら、これからも個々の患者さまおひとりおひとりの背景を考え、より良い歯科医療をご提供させて頂きたいと考えております。


日頃より当院を支えて頂いております患者さまをはじめ、関係者の皆様方におかれましては、今後とも変わらぬご厚誼のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。