FC2ブログ

当院が厚労省より認可されている医療安全対策、院内感染予防について

 歯科医院として認可を受ける為には、厚生労働省、東京都、保健所等に各種届出を行い、審査を受けなければならないことは言うまでもありませんが、院内感染予防や医療安全対策について、厚生労働省が定める更に厳しい基準をクリアすることにより、特別に認可を得る制度があります。

当院は、その更に厳しい基準の一つである『歯科外来診療環境体制加算』の施設基準をクリアしており、その旨を厚生労働省に申請し認可を得ております。

ではこの『歯科外来診療環境体制加算』の認定を受けるためにはどのような基準が必要であるのでしょうか?
以下にその基準を列記致します。

歯科外来診療環境体制の施設基準


(1) 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を 修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること。

(3) 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等 を有していること。

ア 自動体外式除細動器(AED)
イ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
ウ 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
エ 血圧計
オ 救急蘇生セット
カ 歯科用吸引装置

(4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
ただし、医科歯科併設の保険医療機関にあっては、 当該保険医療機関の医科診療科との連携体制が確保されている場合は、この限りでな い。
    (当院は、東京女子医科大学東医療センターから医療連携認定を受けています。)

(5) 歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。

(6) 当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法 やその対応及び当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る 医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

(7) 初診料の注1に係る施設基準の届出を行っていること。

(8) 歯科医療を担当する保険医療機関であること。


いかがでしょうか?
 多少細かい内容になりますが、当院では歯科外来診療における医療安全に関する上記の内容をすべて満たしており、認可を得ております。
 
 また、本年4月の医療保険点数制度の改正に伴い、下記に示すような院内感染予防の為の新たな施設基準が制定されましたが、勿論当院においても早速の申請を行ったところであります。


院内感染防止対策の施設基準(初再診料の注1に関する施設基準)


(1) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な院内感染防止対策を講じていること。

(2) 感染症患者に対する歯科診療に対応する体制を確保していること。

(3) 歯科外来診療の院内感染防止対策に係る研修を4年に1回以上、定期的に受講している常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(4) 当該保険医療機関の見やすい場所に、院内感染防止対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

(5) 年に1回、院内感染対策の実施状況等について、様式2の7により関東信越厚生局長に報告していること。

以上のように、当院においては患者様の安全・安心の確保のために、日々地味ですが地道な研鑽と投資を行っております。