FC2ブログ

低年齢児(乳幼児)の歯の外傷について

三月に入り、今年の厳しかった寒さからもやっと解放されつつありますね。
陽気が良くなると野外での活動が活発になりますが、その時に気をつけて頂きたいのはお子さんの外傷です。

 こどもの歯の外傷については、このブログでも度々取り上げてきましたが、今回は低年齢児(乳幼児)の歯の外傷について考えてみたいと思います。

 大阪歯科大学歯学部小児歯科学講座の研究によると、0歳から5歳までの乳幼児で比較した場合、1歳児の受傷が最も多く、次が2歳児で、3歳児以降では増齢とともに減少することが認められました。

 受傷場所については、一般的に幼児の外傷は屋外よりも屋内で起きやすいことが知られていますが、0~2歳児では家庭内での受傷が多いものの、5歳児では公園での受傷が多くなり、年齢によって変化することが認められ、年少児にとって家庭内が必ずしも安全な場所ではないことが示唆されています。

 更に受傷状況を細かく調べてみると、家庭内での受傷の多くは「家具」特に「テーブル」が関与しており、公園での受傷では「遊具」特に「すべり台」での外傷が多いことが明らかとなりました。また家庭内では上記の「家具」への転倒に次いで、階段からの転落も多いということがわかりました。これらの結果は、私自身のこれまでの臨床経験とも感覚的に一致するものです。

 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、以上のことをご参考にして頂き、リビング等ではローテーブルの配置や角の形状に配慮し、ダイニングテーブルでは食事時に椅子から立ち上がったり不安定な姿勢にならないように注意して頂くことが重要です。
また公園などで遊ぶ際には、年齢に応じた滑り台の選択や正しい姿勢で滑ること、衣服が引っ掛からないよう注意をし、滑り台の下では保護者がしっかりとサポートしてあげるといったことも大切です。

 今回の研究では触れられていませんでしたが、私自身の臨床経験では同じお子さんが繰り返し外傷を起こしてしまうということも少なくないように感じています。

 私見ではありますが、重篤な外傷や事故予防の為には、多少の怪我や失敗を恐れずによく体を動かすことで、体力や筋力、平衡感覚などを養い、転倒してもさっと手を出せたり、受け身の姿勢を取れるといった身体能力の向上を図っていくこと、ひいては遊びや日々の生活の中から危険察知能力を高めていくといったことが一番重要なことであるのかもしれません。

参考引用論文
「乳歯外傷予防のための事故事例調査」
大阪歯科大学歯学部小児歯科学講座
小児歯科学雑誌 56(1):50‐55 2018 日本小児歯科学会