FC2ブログ

歯周病と全身との関わり。~新聞の紙面から~

日本人の約7~8割が罹患しているとされる歯周病ですが、単に歯のみならず全身の健康や、糖尿病や心臓病をはじめとする多くの病気と深く関係があることは以前から指摘されてきました。
最近では更に細かくその関連性の解明が進み、治療にも活かされてきています。

先日、2015/11/15付の「日本経済新聞」朝刊紙において、
「歯周病治せば肝炎・糖尿病も改善 全身疾患と関連 解明進む」との記事が掲載されましたので、ご紹介させていただきます。

fc2blog_201511201206590cd.jpg (2015/11/15付日本経済新聞より転載)

記事のリンク先のURLを貼らせて頂きますので、ご興味がおありの方はご一読されることをおすすめします。
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO94018100U5A111C1TZQ001/

一般的には歯周病は完治を望める病気ではないので、上手に付き合っていく必要があると言えます。また歯周病の治療そのものが、治療と同時に進展防止という予防も兼ねているという特徴があります。そして治療における一番の柱が、患者さんご自身によって毎日行って頂くブラッシングやフロッシングなどのセルフケアにあるという事も重要なポイントです。

歯周病治療では、患者さんご自身に現在のお口の中の状態をよく認識して頂いた上で、その状況に応じた適切な清掃方法を知って頂き、それを日々実践して頂くことがなによりも重要であると言えます。