FC2ブログ

正中離開

正中離開という状態をご存知ですか?

一言で言えば前歯がすきっ歯になってしまっている状態です。

小帯という口唇と歯肉をつなぐ腱の位置異常や、爪を咬むといった
習癖、歯数の不足等が原因で特に小児に生じます。
しかし、成人においても歯周病や歯の喪失に伴う位置移動等で
生じる場合もあります。
本症例も成人の方に正中離開が生じてしまった一例です。

治療前、治療後の写真です。(クリックすると拡大します。)

DSC_0368+(2)_convert_20100711235759_convert_20100712001347.jpg
DSC_0371+(2)_convert_20100712001536.jpg

このような症例に対して治療法は数種類ありますが、この方の場合
機能的な問題が生じていなかったので、審美的な回復を目的に
コンポジットレジンという高分子樹脂材料を用いて治療を行いました。

この方法の一番のメリットは一切歯を削らずに行えるという点にあります。
また、このコンポジットレジンという材料は技術開発の進歩が目覚ましく、
以前に較べてはるかに良好な結果を得られるようになってきています。