FC2ブログ

当院が厚労省より認可されている医療安全対策、院内感染予防について

 歯科医院として認可を受ける為には、厚生労働省、東京都、保健所等に各種届出を行い、審査を受けなければならないことは言うまでもありませんが、院内感染予防や医療安全対策について、厚生労働省が定める更に厳しい基準をクリアすることにより、特別に認可を得る制度があります。

当院は、その更に厳しい基準の一つである『歯科外来診療環境体制加算』の施設基準をクリアしており、その旨を厚生労働省に申請し認可を得ております。

ではこの『歯科外来診療環境体制加算』の認定を受けるためにはどのような基準が必要であるのでしょうか?
以下にその基準を列記致します。

歯科外来診療環境体制の施設基準


(1) 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を 修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること。

(3) 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等 を有していること。

ア 自動体外式除細動器(AED)
イ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
ウ 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
エ 血圧計
オ 救急蘇生セット
カ 歯科用吸引装置

(4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
ただし、医科歯科併設の保険医療機関にあっては、 当該保険医療機関の医科診療科との連携体制が確保されている場合は、この限りでな い。
    (当院は、東京女子医科大学東医療センターから医療連携認定を受けています。)

(5) 歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。

(6) 当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法 やその対応及び当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る 医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

(7) 初診料の注1に係る施設基準の届出を行っていること。

(8) 歯科医療を担当する保険医療機関であること。


いかがでしょうか?
 多少細かい内容になりますが、当院では歯科外来診療における医療安全に関する上記の内容をすべて満たしており、認可を得ております。
 
 また、本年4月の医療保険点数制度の改正に伴い、下記に示すような院内感染予防の為の新たな施設基準が制定されましたが、勿論当院においても早速の申請を行ったところであります。


院内感染防止対策の施設基準(初再診料の注1に関する施設基準)


(1) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な院内感染防止対策を講じていること。

(2) 感染症患者に対する歯科診療に対応する体制を確保していること。

(3) 歯科外来診療の院内感染防止対策に係る研修を4年に1回以上、定期的に受講している常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(4) 当該保険医療機関の見やすい場所に、院内感染防止対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

(5) 年に1回、院内感染対策の実施状況等について、様式2の7により関東信越厚生局長に報告していること。

以上のように、当院においては患者様の安全・安心の確保のために、日々地味ですが地道な研鑽と投資を行っております。


~院内研修~ 最新電動歯ブラシ「ソニッケアー」研修

当院では来院された患者さまの殆どの方に、口腔衛生指導のプロフェッショナルである歯科衛生士より歯磨きをはじめとした口腔清掃指導をさせて頂いております。その際に、「電動歯ブラシはどうですか?」というご質問を度々頂きます。

そこで、先日電動歯ブラシ「ソニッケアー」のメーカー、「フィリップスエレクトロニクスジャパン」のAさんにお越し頂き、当院の歯科衛生士向けに最新の電動歯ブラシの製品説明をお願い致しました。

DSC_0011-3.jpg DSC_0309-2.jpg

担当して頂いたAさんは、歯科衛生士の資格をお持ちでいらっしゃいますので、当院の歯科衛生士からの専門的な質問にも明確にお答え頂き、最新の電動歯ブラシに対する詳しい知見を得る事ができました。

最新の電動歯ブラシは、正しく使用することにより効率的な口腔清掃に役立てる事ができますが、正しい使用法(正しい磨き方)を習得する為には専門家による指導が不可欠となります。
当院では、歯科医院専売品の「ソニッケアー」のご購入が可能で、個々の患者さまに適した替えブラシの選択や使用法をお話させて頂きますので、ご希望の方はお気軽にお声掛け下さい。

クリックするとソニッケアー公式サイトにジャンプします。

10月から矯正歯科外来(小児・成人)が始まります!!

10月より当院におきまして、矯正歯科診療を開始させて頂くことと
なりましたのでご案内させて頂きます。


矯正歯科治療は、歯科医学的・技術的に、更には予知性においても
一般歯科治療や小児歯科治療とは大きく異なります。

そのため、小児・成人を問わず、矯正歯科治療には、大学病院矯正歯科
などにおいて、永年の研鑽を重ね、日本矯正歯科学会認定医の資格を
取得した矯正歯科治療のプロフェッショナルによる治療が望ましいと
言えます。

当院では、患者さまとご家族の方に、安全で精度の高い矯正歯科治療を
受けて頂けますよう万全の体制を整えておりますので、安心してご来院
下さい。


矯正歯科診療日 

10月17日木曜日より毎月第3木曜日の午後3時~午後7時30分まで
 (月1回)
完全予約制
 
年内の矯正歯科診療日は、10/17,11/21,12/19 を予定しております。

矯正歯科担当医
                            
 田島 三紗子先生 (日本矯正歯科学会認定医
)

矯正治療は必要?
開始時期はいつ頃がいいの?
期間や費用はどの位かかるの?

その他、何かお聞きになりたいことがございましたら、お気軽に
お尋ねくださいますようよろしくお願いを致します。

初回相談をご希望される方は、通常と同じくお電話にて
ご予約を承ります。

電話番号は 03(3821)9917です。



 
           

糖尿病研修会

 086-01.jpg

7月25日は診療後に研修会に参加してきました。
テーマは「糖尿病と歯科治療について」でした。

現在、我が国において成人の5~6人に1人が
糖尿病または糖尿病予備軍といわれています
(厚生労働省平成19年国民・栄養健康調査より)。

また、成人の約8割以上が罹患しているとされる歯周病
(厚生労働省平成23年歯科疾患実態調査より)
は、糖尿病との関連が非常に高いとされています。

糖尿病と歯周病の関連性については、厚生労働省のホームページの
中でも以下のように解説されています。URLを添付しておきますので、
ご興味がある方はご覧になられて下さい。

http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-03-012.html

『歯周病と全身の状態 糖尿病と歯周病』

『糖尿病と歯周病は、共に代表的な生活習慣病で、
生活習慣要因として、食生活や喫煙に関与します。
糖尿病は、喫煙と並んで歯周病の2大危険因子であり、
また、歯周病は3大合併症といわれる腎症、網膜症、
神経症に次いで、第6番目の糖尿病合併症でもあり、
両者は密接な相互関係にあります。しかし、慢性炎症
としての歯周炎をコントロールすることで、糖尿病の
コントロール状態が改善する可能性が示唆されています。』
(厚生労働省ホームページ、e-ヘルスネット内より抜粋、改変)




歯科医師獨協会

昨日7月14日に、私の母校である獨協中学・高等学校出身の歯科医師の集まり
「歯科医師獨協会」が、椿山荘において開催されました。

関口台の椿山荘は母校の目の前にあり、大変懐かしい場所であります。

学術研修会では獨協OBであり、東京歯科大学口腔超微構造学講座教授
山本仁先生によるご講演を拝聴させていただきましたが、最近のトピックス
である再生医療と、歯の発生学や組織学との関わりについて大変貴重な
お話を伺う事ができました。

DSC_0458.jpg DSC_0464.jpg

また、研修会後の懇親会では、歯科医師獨協会会長中原爽先生(元参議院議員、
元日本歯科医師会会長)のご発声に始まり、各界ご来賓の方々のご挨拶をお聞きし、
あらためて獨協中・高130年の伝統と、700人以上とされる獨協出身歯科医師の
マンパワーを実感した一日となりました。

私も、また明日から気を引き締めて、地道に研鑽を重ね、日々の歯科医療に臨んで
いきたいと考えております。