当院が厚労省より認可されている医療安全対策、院内感染予防について

 歯科医院として認可を受ける為には、厚生労働省、東京都、保健所等に各種届出を行い、審査を受けなければならないことは言うまでもありませんが、院内感染予防や医療安全対策について、厚生労働省が定める更に厳しい基準をクリアすることにより、特別に認可を得る制度があります。

当院は、その更に厳しい基準の一つである『歯科外来診療環境体制加算』の施設基準をクリアしており、その旨を厚生労働省に申請し認可を得ております。

ではこの『歯科外来診療環境体制加算』の認定を受けるためにはどのような基準が必要であるのでしょうか?
以下にその基準を列記致します。

歯科外来診療環境体制の施設基準


(1) 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を 修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること。

(3) 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等 を有していること。

ア 自動体外式除細動器(AED)
イ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
ウ 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
エ 血圧計
オ 救急蘇生セット
カ 歯科用吸引装置

(4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
ただし、医科歯科併設の保険医療機関にあっては、 当該保険医療機関の医科診療科との連携体制が確保されている場合は、この限りでな い。
    (当院は、東京女子医科大学東医療センターから医療連携認定を受けています。)

(5) 歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。

(6) 当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法 やその対応及び当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る 医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

(7) 初診料の注1に係る施設基準の届出を行っていること。

(8) 歯科医療を担当する保険医療機関であること。


いかがでしょうか?
 多少細かい内容になりますが、当院では歯科外来診療における医療安全に関する上記の内容をすべて満たしており、認可を得ております。
 
 また、本年4月の医療保険点数制度の改正に伴い、下記に示すような院内感染予防の為の新たな施設基準が制定されましたが、勿論当院においても早速の申請を行ったところであります。


院内感染防止対策の施設基準(初再診料の注1に関する施設基準)


(1) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な院内感染防止対策を講じていること。

(2) 感染症患者に対する歯科診療に対応する体制を確保していること。

(3) 歯科外来診療の院内感染防止対策に係る研修を4年に1回以上、定期的に受講している常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(4) 当該保険医療機関の見やすい場所に、院内感染防止対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

(5) 年に1回、院内感染対策の実施状況等について、様式2の7により関東信越厚生局長に報告していること。

以上のように、当院においては患者様の安全・安心の確保のために、日々地味ですが地道な研鑽と投資を行っております。


低年齢児(乳幼児)の歯の外傷について

三月に入り、今年の厳しかった寒さからもやっと解放されつつありますね。
陽気が良くなると野外での活動が活発になりますが、その時に気をつけて頂きたいのはお子さんの外傷です。

 こどもの歯の外傷については、このブログでも度々取り上げてきましたが、今回は低年齢児(乳幼児)の歯の外傷について考えてみたいと思います。

 大阪歯科大学歯学部小児歯科学講座の研究によると、0歳から5歳までの乳幼児で比較した場合、1歳児の受傷が最も多く、次が2歳児で、3歳児以降では増齢とともに減少することが認められました。

 受傷場所については、一般的に幼児の外傷は屋外よりも屋内で起きやすいことが知られていますが、0~2歳児では家庭内での受傷が多いものの、5歳児では公園での受傷が多くなり、年齢によって変化することが認められ、年少児にとって家庭内が必ずしも安全な場所ではないことが示唆されています。

 更に受傷状況を細かく調べてみると、家庭内での受傷の多くは「家具」特に「テーブル」が関与しており、公園での受傷では「遊具」特に「すべり台」での外傷が多いことが明らかとなりました。また家庭内では上記の「家具」への転倒に次いで、階段からの転落も多いということがわかりました。これらの結果は、私自身のこれまでの臨床経験とも感覚的に一致するものです。

 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、以上のことをご参考にして頂き、リビング等ではローテーブルの配置や角の形状に配慮し、ダイニングテーブルでは食事時に椅子から立ち上がったり不安定な姿勢にならないように注意して頂くことが重要です。
また公園などで遊ぶ際には、年齢に応じた滑り台の選択や正しい姿勢で滑ること、衣服が引っ掛からないよう注意をし、滑り台の下では保護者がしっかりとサポートしてあげるといったことも大切です。

 今回の研究では触れられていませんでしたが、私自身の臨床経験では同じお子さんが繰り返し外傷を起こしてしまうということも少なくないように感じています。

 私見ではありますが、重篤な外傷や事故予防の為には、多少の怪我や失敗を恐れずによく体を動かすことで、体力や筋力、平衡感覚などを養い、転倒してもさっと手を出せたり、受け身の姿勢を取れるといった身体能力の向上を図っていくこと、ひいては遊びや日々の生活の中から危険察知能力を高めていくといったことが一番重要なことであるのかもしれません。

参考引用論文
「乳歯外傷予防のための事故事例調査」
大阪歯科大学歯学部小児歯科学講座
小児歯科学雑誌 56(1):50‐55 2018 日本小児歯科学会


年末年始休診のおしらせ

名残惜しいですが院内のクリスマスツリーを片付け、
いよいよ年末モードとなりました。

年末年始は、12月28日(木)から1月4日(木)まで休診とさせて頂きます。

新年は5日㈮からの診療となりますのでよろしくお願いを致します。


DSC_2163-2-2_20171226152116a1c.jpg

インフルエンザ予防と口腔ケアについて ~最近の研究結果から~

 今年は例年よりも早くインフルエンザの流行が始まり、尚且つ例年以上のインフルエンザの大流行が予想されています。我が家の子供達もやっと予防接種を受けられホッとしているところです。

 さて、過去の疫学調査などで、適切な口腔ケアの実施によりインフルエンザの発症が減少するという報告があり、院内新聞でもご紹介させて頂いたことがありましたが、その科学的根拠やメカニズムについては不明な部分が多くありました。例えば一つの要因として、口腔内細菌の出す酵素や毒素には粘膜組織を破壊し細菌やウイルスの体内への侵入を容易にさせてしまうものがあり、それにより感染が生じやすくなるのでは?と漠然と考えられていたりしていましたが、ここ数年の間に研究が進んだことにより多くの知見が得られ、インフルエンザと口腔ケアの関係性がはっきりとわかるようになってきましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

 わが国では、毎年約1000万人がインフルエンザウイルスに感染し、そのうち乳幼児や高齢者を中心に約1万人が死亡すると言われています。身近ではありますが、決して侮ることができない感染症だということはご存知の通りです。
 そして、以前より、このインフルエンザウイルスは常在細菌が存在する口腔や鼻腔から感染することから、ウイルス、常在細菌、宿主(人間)の三者に密接な関係性があるのではないかと考えられてきました。

 通常インフルエンザウイルスが我々の体内に入ると、ノイラミニダーゼという酵素(NA)を産生し、その酵素の種々の働きにより我々の体の細胞内で増殖をしていきます。タミフルやリレンザ等のインフルエンザ治療薬はノイラミニダーゼ(NA)阻害薬であり、このノイラミニダーゼ(NA)を阻害することで体内でのインフルエンザウイルスの増殖を抑えるというメカニズムを持っています。つまり、インフルエンザウイルスが我々の体内で増殖し発症するためには、ノイラミニダーゼ(NA)という酵素の存在がとても重要になるのです。

 ところが最近の研究により、口腔や鼻腔に存在する常在菌の中にはこのノイラミニダーゼ(NA)と同じ働きをするタンパク質を産生する細菌が多数いることがわかってきました。つまり口腔内の細菌がインフルエンザウイルスの感染、発症そのものを手助けしてしまうということになります。更に、この口腔内細菌由来のノイラミニダーゼ(NA)の中には、抗インフルエンザウイルスによるノイラミニダーゼ阻害作用を受けないものがあり、その結果、タミフルやリレンザ等のインフルエンザ治療薬が効きにくくなるということもわかりました。
 また、唾液の中にはインフルエンザウイルスの感染性を抑制する物質が存在するものの、細菌やウイルス由来のノイラミニダーゼ(NA)によりその抑制効果が阻害されてしまうこともわかってきました。

 これらの結果から、しっかりとした口腔ケアを行い口腔内の衛生状態を保ち、口腔内の細菌の減少を図ることで、インフルエンザウイルスによる感染やインフルエンザの発症をしにくくさせることができ、また発症した後インフルエンザ治療薬を使用する際にも治療薬の効果を発揮させることができるということがわかります。
 最初にも書きましたように、インフルエンザは乳幼児やご高齢の方、持病をお持ちの方などで重篤化しやすいので注意が必要です。

 年末年始は、買物や帰省・旅行などで人の移動が激しくなり、インフルエンザも蔓延しやすくなります。休息や栄養を充分に摂り、予防ワクチンの接種や手洗いうがい、室内や口腔内の乾燥防止などの基本的予防に加えて、適切な口腔ケアを行って頂き、インフルエンザ予防の一助にして頂ければと思います。


休診のお知らせ

11月4日土曜日は、研修会出席のため休診とさせて頂きます。
また、11月2日木曜日は通常診療致します。
宜しくお願い致します。